■尾瀬小屋|ウォーキング・ルール■


自然保護について

  • 湿原や木道以外の場所には決して入らないで下さい。
    一度でも踏み込んだ場所は高山・湿原植物が生えなくなります。

  • 高山・湿原植物、動物・昆虫・爬虫類・両生類等を傷付けたり採取しないで下さい。

  • 湿原や木道、山間部の登山道は全面禁煙、火気厳禁です。

  • 焼却施設がないため、ゴミは各自持帰りです。(準備段階で減らして下さい。)

  • 帰化植物の侵入を防ぐために、入山前に靴の泥や土をよく落として下さい。


ウォーキングについて

  • 木道は原則として右側通行です。木道が狭いときには上り方向が優先です。

  • 背負子(ボッカさん)には道を譲るように。(何十Kgもの荷物を小屋に運んでいます。)

  • 日中は日射が強いので、日焼けや高山病に注意して下さい。

  • 1500mの高地ですので、朝・夕・夜は冷え込むことがあります。

  • 天候が変わりやすいので、雨具や防寒着の用意は忘れずにして下さい。

  • 尾瀬は水の宝庫ですが、全てが綺麗とは限りませんので途中の湧水を飲料に用いないで下さい。

  • 木道は一部傷んでいるところや滑りやすいところがありますので足元に注意して下さい。

  • 熊を見かけた場合は、決して近付かないで下さい。特に小熊は構わないようにして下さい。
    親熊が攻撃してきます。


緊急時

  • 万が一、事故や大怪我や具合が悪くなったら、一番近くの小屋に連絡するようにして下さい。
    この場合、状況や具合を詳しく連絡するようにして下さい。

  • 尾瀬には医療施設は全くありませんので、十分注意して下さい。

  • 小屋には電話や無線がありますが、業務や緊急用ですのでなるべく手短に利用するよう心掛けて下さい。

  • 携帯電話は一部の峠以外は、電波が届かないため使用できません。


Copyright privacy policy Terms of Use Stipulation