三条の滝(さんじょうのたき)

    本邦随一を誇る名瀑で、只見川の本流を水煙を上げ、高さ100m、幅30mを一挙に落とし込む滝は轟音、水量ともに日光の華厳の滝をしのぐ豪快なスケール。

    見晴からは往復2時間半ぐらいの距離である。

    途中にはハシゴや鎖場などがあるため足元に注意が必要である。


    写真提供:三条印刷株式会社